So-net無料ブログ作成

46歳出産への道のり【その3 タイミング】 [妊娠・出産]

前回からの続きです。

妊活を始めて1年経っても妊娠する気配がない私は、クリニックに通い始めました。

そこでまず指導されたのが「基礎体温」を記録することと「タイミング」。

治療されている方ならご存知かと思いますが、タイミングとは病院で内診をして卵子の大きさを
見てもらい、いつ夫婦生活をもてばよいかを先生が教えてくれるというもの。

で、指導通りに行為をもった後、また病院へ行って結果がどうなってるか診察してもらう。
という流れでした。

プロが指導してくれるんだから、もうこれでバッチリだろう!
とまだまだ気楽な私。

しかし…

3ヶ月、半年、1年、と経っても結果は陰性。
フライングで自分で市販の妊娠検査薬を買ってきてうっすらラインが出ても
数日経つと生理が来て…

そんなことの繰り返しでした。

この辺りから「あれ?もうすぐ40歳だけど大丈夫かなぁ」なんて思い始めました(遅)

そしたら先生も同じこと考えていたようで(というか治療のプロだから当然なんですが)
「タイミング1年でダメだったら、次の段階に進むかどうか検討する時期です。
ご主人の検査も問題がないようですし、人工授精をするかどうかご夫婦で話し合ってきて
ください」
と。

ダンナさんに相談すると、
「もういいよ、タイミングだって俺は嫌だった。気持ちがついていかないし、疲れてしんどい
時もある。子供がいなくてもいいよ。もうやめよう」
と言われてしまいました。

がーーーーーーーーーーーーーーーーん。

こんな言い方をすると何だか誤解を受けそうですが、正直に書くと、

失った大切なものに、もう二度と会えないかもしれない。

そんな取り返しのつかない絶望感に襲われました。足元から砂がサラサラと音を立てて
崩れていくようでした。

もちろん、赤ちゃんは授かりものですし、出会いでもあります。
自分の子供といえども自分の所有物ではないし、失ったとか、また欲しいとか
そんな物欲的な言い方は命に対する冒涜だと思います。

でも、その時、いえ、子供を授かるまでの私は、そんな風に感じてしまっていました。
後でそれがそもそも妊娠を遠ざけていたと気付くのですが。

またまた続きます〜

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 1

45歳で妊娠したい!初産・2人目の可能性やリスク、おすすめブログまで

突然のコメント失礼いたします。
とてもお辛い経験をなさった中、46歳でご出産なさったのですね。
赤の他人ながらとても感激いたしました。本当におめでとございます。
実際に高齢出産なさった方のブログを拝見していると凄く勇気づけられます。
年齢が年齢だからと、自分勝手に諦めるのは何だか勿体無い気がしてきました。
私も諦めずに頑張ってみようと思います。
とても参考になる記事を、ありがとうございました。
by 45歳で妊娠したい!初産・2人目の可能性やリスク、おすすめブログまで (2017-04-28 11:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。