So-net無料ブログ作成
-| 2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

46歳出産への道のり【その5 夫婦の温度差 】 [妊娠・出産]

その4からの続きです。

病院で妊娠判定から2日後の朝に出血。
覚悟していたことではありましたが、ショックでした。

すぐに病院へ行くと今度は年配のお医者が
「あー、こりゃダメだね。ダメダメ。」
と無神経な発言を繰り返し、
「今はもう何しても無駄だから、生理終わったらまた来て。残ってたら掻爬するから。」
と、最初から最後まで精神的ケアナッシングな診察で終了。

医者側からすれば、こんなことは日常茶飯事だろうし、
ごく初期の流産にいちいち深刻な対応なんてやってたらこの仕事やってられないんだろうって
思うけど、当事者としては必死なわけですからね。
ショックな傷口の上に塩を塗られたようなもんでしたよ。

辛かった。

帰宅してダンナさんにこのことをブチまけると、最初は聞いてくれていたのに
そのうちこんなことを言い出して。

「辛いのは分かるけど、毎月そんな状態(泣いて落ち込む)になられたら
こっちだってまいっちゃうよ。亜子ちゃん、何かおかしいんじゃないの?」
と。

「そもそも俺は子供そんなに欲しくないし、亜子ちゃんが勝手に欲しいって
入れ込んでも、こっちとしては何ひとりでやってんの?って思う。
だって、子供は2人で作るものでしょ?俺の気持ちも分かって欲しいよ。」

これはダブルパンチでした。
ダンナさんがこんなこと考えてるなんて思いもしなかった。
同じ気持ちでいるものだと勝手に思っていた。

私がひとりで必死になる間に夫婦間の温度差がどんどん広がっていたのですね。

そういえば、クリニックに通っていた時も一緒に行ってくれたことはなかったし、
検査もしれはくれたけど、私に持たせて終わりだった。

男性で積極的に子供を欲しいと思う人も、もちろん居るとは思うけど、
よく言われる
「女性は妊娠期間に母になっていくけど、男性は子供が生まれてから父になる」
そういう人の方が多いようで、うちのダンナさんもその部類だったわけです。

これはどちらが悪いということではなく、夫婦と言えども別個の人間。
ちょっと考えれば、すぐに気付きそうなことなのに、
妊娠にこだわるあまり私はダンナさんに対して心が向いていなかったなぁと、
今ならそう感じます。

が、当時はダブルでショックでした。

続きます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

46歳出産への道のり【その4 流産】 [妊娠・出産]

その3からの続きです。

次の段階の治療に進むかどうか夫婦で話し合った結果、ダンナさんが

お金がかかるから反対!

と、なんとも現実的な理由で、治療を中断することになりました。

私も基礎体温を毎朝計って一喜一憂するのに疲れてしまったので、
「まぁ、ちょっとお休みしよう、その間に自分でいろいろ調べてみよう」

と、医学以外の妊娠に有効な手段を探すことにしました。

「食」を見直し、マクロビオティックを実践してみたり、
ピラティスに通ってみたり、
おまじないで有名な木村さんをPCのデスクトップに貼ってみたり…

そしたらば!

なんと!!

めでたく妊娠しました。

しかし…

クリニックは産院がないので、近所の総合病院へ行くと、若い先生がう〜ん、と唸りながら
「妊娠はしているのですが、小さくて胚が確認できません。来週また来てください。」

と言ったあと、
「来週になる前に出血したらすぐに来てください」
と。

先生の言葉のニュアンスは「ほぼダメだと思います」って言ってる感じでした。

市販の検査薬のラインが極薄だったので、自分でもダメかもって思っていましたが、
それでも、大丈夫かも、という希望もありました。
はかない希望があっという間に打ち砕かれてしまいました。

なんとか大丈夫!と自分に言い聞かせて
ネットで同じような事例を探しまくりました。

小さいと言われても育ったケースはありましたが、少数。
ほとんどが流産という結果に終わったと、どこを調べてもそのようなことが書いてありました。

またダメなのか…
と思うと涙がこぼれてきました。
それを考えないようにパソコンに向かって、希望的な記事を血眼で探しました。

ちなみに、ほんとはこれあんまりよくないんですよね。
もっとゆったりした気持ちでリラックスしていないと、血流が悪くなってお腹に悪影響。

でも、こんな時にリラックスできる人、いるのかなぁ。
いないよね。

結果、病院で診断を受けた2日後の朝に出血してしまいました。

続きます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

絶好のタイミングとは [妊娠・出産]

ちょっとここで、タイミングについて私が思うことを書いてみますね。

妊娠というのは、精子と卵子が出会って、それが子宮に着床して完了するものです。

出会いがあっても、どちらかがもう寿命だったり、
(精子の寿命は数日(長くて1週間)、卵子は12〜24時間)
出会ってめでたく合体しても着床がうまくいかなかったり、

妊娠について勉強をして初めて、妊娠・出産がどんなに奇跡的な出来事なのか
分かりました。授かりものと言いますが、命は大いなる自然からの贈り物。
ありがたい授かり物だなぁって。

よく、タイミングって排卵日に合わせて行為をする、と思っている人もいるかもしれませんが、
それだと難しいようです。

私の通っていたクリニックでは1〜2日前を指導されました。

が、後々文献などを読んだりするうちに2〜3日前が一番効果があるのではないかと思うように
なりました。
なぜなら、精子が卵子を待ち構える場所に辿り着いて待機するのには2日程度かかるようなのです。

もちろん、生命の神秘ですから、前日でも当日でも妊娠することもあると思います。

でも1日前や当日に試みていて結果が出ないようでしたら、もっと前のタイミングで試して
みるといいと思います。

友達に聞いた話では、いつも生理が終わった(生理が始まってから1週間くらい)のタイミングで
妊娠している人がいるよ、とのことで、
いろんな情報をまとめると、生理開始後1週間から5日間くらいがおすすめのタイミングという
ことになります。

おりものの状態で判別する、というのもやってみましたが、これはイマイチよく分かりませんでした。
実際に分泌されてから出てくるまでタイムラグがあるので。。。
(でも糸を引く状態が良いと言いますよね)

え〜っと。

ここまで書いて、真逆のことを言うようですが、
こういうデータで頭がいっぱいになってしまう状態が一番良くないというのが私の結論です。

ここらへんの情報は軽く頭の中に入れておいて、時期が来ても神経質にならず、
一番いいのは、

生理が終わってからムラムラした時。

この時こそがタイミングです。

人間だって動物です。「発情」という形で身体がサインを出してくれているのです。
データにばかり縛られてしまうと、それを見過ごしてしまう。

サインを感じていたのに「今日はまだ早いから」と、見送ってしまうこともあるかもしれません。

それはとてももったいないことです!

もう一度言います。

タイミングとは、ムラムラした時。

その時こそ人間も動物だって自覚して、ぜひ野獣になってください(笑)

騙されたと思ってぜひお試しを。
(最終的に私もそうでしたので…)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

46歳出産への道のり【その3 タイミング】 [妊娠・出産]

前回からの続きです。

妊活を始めて1年経っても妊娠する気配がない私は、クリニックに通い始めました。

そこでまず指導されたのが「基礎体温」を記録することと「タイミング」。

治療されている方ならご存知かと思いますが、タイミングとは病院で内診をして卵子の大きさを
見てもらい、いつ夫婦生活をもてばよいかを先生が教えてくれるというもの。

で、指導通りに行為をもった後、また病院へ行って結果がどうなってるか診察してもらう。
という流れでした。

プロが指導してくれるんだから、もうこれでバッチリだろう!
とまだまだ気楽な私。

しかし…

3ヶ月、半年、1年、と経っても結果は陰性。
フライングで自分で市販の妊娠検査薬を買ってきてうっすらラインが出ても
数日経つと生理が来て…

そんなことの繰り返しでした。

この辺りから「あれ?もうすぐ40歳だけど大丈夫かなぁ」なんて思い始めました(遅)

そしたら先生も同じこと考えていたようで(というか治療のプロだから当然なんですが)
「タイミング1年でダメだったら、次の段階に進むかどうか検討する時期です。
ご主人の検査も問題がないようですし、人工授精をするかどうかご夫婦で話し合ってきて
ください」
と。

ダンナさんに相談すると、
「もういいよ、タイミングだって俺は嫌だった。気持ちがついていかないし、疲れてしんどい
時もある。子供がいなくてもいいよ。もうやめよう」
と言われてしまいました。

がーーーーーーーーーーーーーーーーん。

こんな言い方をすると何だか誤解を受けそうですが、正直に書くと、

失った大切なものに、もう二度と会えないかもしれない。

そんな取り返しのつかない絶望感に襲われました。足元から砂がサラサラと音を立てて
崩れていくようでした。

もちろん、赤ちゃんは授かりものですし、出会いでもあります。
自分の子供といえども自分の所有物ではないし、失ったとか、また欲しいとか
そんな物欲的な言い方は命に対する冒涜だと思います。

でも、その時、いえ、子供を授かるまでの私は、そんな風に感じてしまっていました。
後でそれがそもそも妊娠を遠ざけていたと気付くのですが。

またまた続きます〜

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

46歳出産への道のり【その2 治療開始】 [妊娠・出産]

前回の続きです。

死産からなんとか立ち直り、次の妊娠を目指したのが37歳の時。

死産したのが35歳だったので、約2年は妊活をしなかったということになります。

今思えば貴重な2年です。
だって35歳を過ぎるとどんどん妊娠する可能性が少なくなっていくと言われているのですから。

でもそれを知るのはもう少し後のことになります。
その時の私は前回同様、すぐに妊娠できるって思いこんでいました。

「なんとなく今日するといいのかなぁ?」
なんて感じでテキトーでした。

そんな感じで1ヶ月経ち…
3ヶ月経ち…
半年…

1年経ったところで
「あれ?なんか変だぞ」
と気付きました。

38歳でした。

その頃ちょうど友人から女医さんがいる良いクリニックがあるよ、と教えてもらいました。

友人は私より年上だったのですが、その女医さんに「まだ妊娠できるわよ!」と言われた
と自慢していて、私もそんな風に言ってもらいたい!とこれまたお気楽な気持ちで
そのクリニックに通い始めました。

最初に死産のことを話すと、先生は黙ってうなづきながら聞いてくれて
「絶対にまた赤ちゃんを抱っこできるように一緒に頑張りましょう!」
と言ってくれました。

先生のその言葉が何より嬉しくて、これでもう大丈夫だ!って思えました。

治療はまず検査から。
何か原因があるなら、それを取り除いてから。
前回は妊娠できたけど、それ以降に筋腫ができていたり、体質が変わったり、
そういうことがあるかもしれないから。
とのことでした。

結果は異常なし。

その時に先生が言った言葉に耳を疑いました。

「残念ながら特に問題はありませんでした。」

残念…?
どういう意味なのか分からず聞き返すと、

「問題があればそれを治療すればいいのですが、何もないとなると医療的に打つ手は限られて
くるんです。」
そんなようなことを言っていました。

そういうもんなのか〜
とその時点でまだ自分、ことの深刻さが分かっていませんでした。

続きます〜〜

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

46歳出産への道のり【その1死産】 [妊娠・出産]

45歳で自然妊娠した私ですが、
そこまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。

死産、治療、流産の繰り返し…

精神的にとても追いつめられていた時期もありました。

友達の幸せを祝福できず、そんな自分を責めたり。

月のものが訪れるたびに絶望的な気持ちになったり。

そんな日々が遠い昔のようであり、
ついこの前のように思い出せるようでもあり。

私が出産まで辿った道のりを記すことで、
同じように苦しんでいる方の一助になればと思い
ブログを始めました。

考え方や感じ方は、人それぞれだと思いますが、
私の体験が少しでもお役に立てれば嬉しいです。


始まりは15年前に遡ります。

子供の頃から虚弱体質(すぐにお腹をこわす、すぐに倒れる等)
だった私は、中学生の頃から、自分は子供を産むことはないだろう、
妊娠することも出来ないし、ましては出産なんてとんでもない。

そんな風に思っていました。

結婚した相手も「子供はいなくてもいいよね」と言う人で
私は勝手に自分は妊娠しづらい体質だと思い込んでいました。

ところが、34歳で結婚した年の5月に妊娠が発覚。

私も夫も「無理無理〜!!」
と、右往左往しました。

が、せっかく授かった命、大切に育てよう、と決意した
その臨月に…

お腹の子はお腹の中で亡くなってしまいました。

直前の検診で医者から「あと1週間で会えますよ」と言われた
直後でした。

何故?という気持ちとやっぱり…という気持ち。
やり場のなくなった9ヶ月の間に育まれた母性。
ショックというには悲し過ぎました。

しばらくは自失状態でした。毎日泣いて暮らす日々。

病院では原因不明。
臍帯に血栓が出来ていましたが、それは亡くなる前か後かは
不明とのこと。
その他、臍帯が巻いていたり、ということもありませんでした。

色々なところで意見を聞いてみましたが、納得のいく答えは得られず。

胎児のことというのは現代の医学をもってしても分からないことが
多く、また何か原因が分かっても助けられないこともある、

そういう回答でした。

赤ちゃんを抱っこするはずの両手にはぽっかり空いた悲しい空間が。
理由も分からずに…

それからは、現代医学に限らずに東洋医学や食の分野、
果ては占いなどオカルトの分野にまで答えを探して彷徨いました。

それで見つけた自分なりの答えが

●赤ちゃんは何かの理由で生まれるのをやめてしまった。
(私に「妊娠できるんだよ」ということを教えに来た?)

●直接の原因としてひとつ考えられるのが虫歯の治療。
治療時の姿勢や麻酔は危険だということを後で聞く。
産院では入院前に治療をすすめられるが、痛みがなければ
出産後にするのが無難。

●私の食生活が悪かった。後期はやたら甘い物が食べたくて、
お菓子や菓子パンばかり食べていた。きっと血がドロドロだったに
違いない。

●赤ちゃんが亡くなる直前に車に長時間乗ったことがあった。
同じ姿勢で動かずにいることで、血行が悪くなったことが
考えられる。

以上のことは必ずしも直接原因になったかどうかは不明ですが、
複合ワザかもしれないし、高齢の人はやらないにこしたことは
ないと思います。

最初の理由を除けば血流に悪影響を与えることばかりで、
もし臍帯の血流が血栓によって詰まってしまったなら
原因としては大いに考えられることだと思います。

そして、自分なりに答えを見つけた私は、
次の妊娠に向けて再スタートをきりました。

37歳の春でした。
ここからが長い苦難の道が始まるとは思わずに、
前回同様、すぐに妊娠するだろうと思っていました。

その2に続きます〜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

育児とは、睡魔との戦い [育児]

45歳で妊娠。

46歳で出産。

現在48歳で毎日2歳児と格闘しています。

よく「大変なのは産んでから!」

と言いますが、本当にその通りでした。
育児ナメてました。

身体が小さい私は、妊娠後期は胃がせり上がって毎日胸焼け。
早く産んでラクになりたい!!

と思っていました。

授乳で寝れないのが大変…と聞いていましたが、
2〜3時間おきってことは小刻みに2時間くらいは寝れるんでしょ?
って。。。

本当にナメてました(泣)

うちは母乳とミルク混合だったのですが、母乳の場合は2時間なんて寝てくれないし
(母乳は消化がいいのですぐにお腹が減る)
ミルクの場合は作る時間と飲ませる時間がかかり2時間おきのうち1時間は授乳の時間。

結局2〜3時間寝れるなんて夢のまた夢。
早い時は授乳終わってウトウトしたところで起こされる!
ってパターンも。

幸い3ヶ月で夜は6時間くらい寝てくれるようになったのですが、今度は抱っこしてないと
起きる!
泣く!!

これもよく言われることですが、「赤ちゃんと一緒に寝ればいいのよ〜」って。

寝れる人もいるんでしょうけど、うちはムリでした。
抱っこしてないと寝てくれないので…(号泣)

妊娠後期の膨満感の方がはるかにマシでした。あの頃は好きなだけ寝れた。。。

普通の人ですら大変と言われている育児。
これが高齢にはさらに応える。

しかも私、若い時から徹夜が苦手。
うっかりそれを忘れていました。

育児とは、睡魔との戦い!

今はさすがに朝まで寝てくれるようになりましたが、
仕事で疲れて朝ゆっくりしたいと思っても早朝に起こされます。

赤ちゃんの時は泣くだけなので、ほんのちょっと放っておいたこともありますが
(すいません)
今はそれが出来なくなりました。

「おきてーーーーーーぇぇぇ!!」と叫びながら、

上からダイブしてくる。

髪引っ張る(痛い)。

やめてと言っても引っ張る(とても痛い)。

Tシャツも引っ張る(のびる)。

何度でも言います。
育児とは、睡魔との戦い!!

この慢性的な寝不足はいつまで続くのかな…。

とほほ。





集団的自衛権どう思う? [ニュース]

何かと話題の集団的自衛権。

今まで政治に興味なかった人や若い方なんかも今後に注目しているのではないでしょうか。

特に小さな子供がいるお母さんたちの中には、
これからの日本を変えてしまうかもしれないこの法律の行方に
不安を持っていらっしゃる方も多いのでは、と思います。

私の周りにも賛成派と反対派がいます。

何人かに意見を聞いてみました。
それぞれの考え方、色々な意見。解釈も人それぞれ。
同じ賛成の人でもどこか違っていたり、反対の人でも言うことが異なったり。

面白いと思ったのは

賛成派も反対派も「戦争をしない為に」という主張です。

賛成派はこの法律が「戦争をしないための抑止力」になると言い、
反対派は「戦争が出来る宣言をしてしまうようなもので危険だ」と言い、

どちらも日本を戦争から守るために、と主張しているところです。

なんと、賛成してる人も反対の人も同じ気持ちなんですね。

どちらの主張を聞いていても「なるほど」と思うんです。
どちらの主張も戦争反対なので。。。

同じところを目指しているなら、なんとか歩み寄れないものでしょうか。
意見交換や話し合いができればいいのですが、なんだか両者を見ていると一触即発なムードです。
ゆっくりたくさん話し合って良い未来を選べるといいのですが…

私も小さな子供を持つ身で、娘の未来がどうなるのか大変気になるところです。

賛成より反対より、無関心が一番良くないですよね。
誰にとっても関係ないなんてことはないんですから。

特に育児中のお母さん達が、こういう問題をもっと気軽に話題にできる世の中に
なるといいなぁーと思います。

私もこれからもっともっといろんな人の意見を聞いてみようと思っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

はじめまして!(追記あり) [お知らせ]

皆さん、はじめまして。
根尾亜子です。

現在48歳。もうすぐ3歳になる娘と夫と3人暮らし。
小さな店を経営する働くお母さんです。

老眼が気になり出した45歳の冬、思いがけずコウノトリが我が家にやって来ました。

「ついに更年期か!」

と思ったらなんと妊娠!!(笑)

自分も周りもびっくりでした。

その後のドタバタや妊娠までの苦難の道のり、聞いてないよ!(古)ってくらい大変だった育児…

などなど、超高齢出産の経験やワーキングマザーの日常あれこれを綴っていこうと思います。

よろしくお付き合いください。

注※
このブログはあくまでも私個人の体験です。
高齢出産を推奨するものではありません。

45歳で自然妊娠し、46歳で帝王切開で出産しました。
出産後に2人の友人が相談したいことがある…とやって来て、
「どうしたら妊娠したのか教えて欲しい」と聞かれました。
2人とも40代で治療をしていました。(相談を受けるまで知りませんでした)

今は2人とも可愛い赤ちゃんのママです。

赤ちゃんを連れて私に再び会いに来てくれた2人の幸せそうな笑顔を見て、
子供が欲しい人みんなのところにコウノトリさんが来てくれたらいいのに…
と強く思いました。

かつての私のように、その友人2人のように、赤ちゃんを望みながらなかなか叶わずに
辛い思いをしている方の、少しでも助けになれたら、と思ったのがこのブログを書き始めた
きっかけです。

私個人が試して良かったことや、妊娠までに感じた辛さなど、共感して頂けたり
参考にして頂けたら、そして1人でも多くの方が赤ちゃんをその手に抱くことができたなら
そんなに嬉しいことはありません。

小さい子供がいてパソコンに向かえる時間が限られているので、
毎日のように記事を書くことが出来ませんが、なるべくマメに更新しようと思っています。

よかったらのぞきにいらしてくださいね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

-|2014年07月 |2014年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。