So-net無料ブログ作成

イヤイヤ期の対応 [育児]

早いものでもう3月!
すっかりご無沙汰してしまいました。

ちょっと暖かくなって良い季節〜
だけど花粉がツライ〜〜

皆さまは大丈夫ですか?

春といえば進級の季節でもありますね。
うちの娘も年少クラスに進みます。

どうやら、成長するのが嬉しいみたいで、
家でも「もうお姉さんだから!」が口癖になってきました。

「お姉さんになる」というのは、弟妹ができなくても成長することを
そう表現するのですね。子供を産んで初めて知りました。

そんな「お姉さん」に憧れる娘も今年4歳。

以前、肺炎で入院した時に同室だった4歳のお兄ちゃんとお姉ちゃんが
同じ子供かっていうくらい、たったの1歳違いなのに、あまりにも違いすぎて
娘ならずとも私までも「4歳」という人間らしい子供の姿に憧れを抱くように
なりました。

その、プレ人間だった娘もあと半年で4歳!

な、はずなのですが…

いまだに反抗期ゴーズオンです…

トイレ行くのヤダ!

お風呂入るのヤダ!!

着替えるのヤダ!!!

保育園行くのヤダ!!!!

保育園から帰るのヤダ!!!!!←?

寝るのヤダ!!!!!!

などなど…
とにかく、こっちがして欲しいこと全部ヤダ状態。

このままじゃ何も出来ないので、なんとかヤダなことをしてもらうべく、
さまざまな策を練ってきました。

TIPS的にご紹介しますね。
同じ悩みをお抱えのママさん達のお役に立てれば嬉しいです。

その1…鬼。鬼を出す。鬼が来るのは怖いから言うこと聞きます(他の怖い物でも可)

その2…好物のお菓子などで釣る。(お菓子ばかり欲しがるようになるのであまり使いたくない。
どうしても出かけなければいけない時などに)

その3…楽しいもので釣る。ex「じゃあ、お風呂でゲームしよっか!」など。親のエンターテインメント性が試されます。

その4…二択させる。ex「じゃあ、お風呂と歯磨きとどっちにする?」など。両方して欲しい場合は困るが、どっちかだけでも仕方ないと諦められる場合は有効。

その5…大好きなキャラのパペットやぬいぐるみなどにお願いしてもらう。パペットになりきり、
「Yちゃん、はみがきしようよ!気持ちいいよ!!」これがなかなかうちの場合は効き目があり、
某有名トラのS君が大活躍しています(笑)

その6…なぜ、それをした方がいいのか、大人と同じように説明して説得する。
ex「はみがきしないと虫バイキンが歯を溶かしてしまって痛いよ!歯医者さんでガリガリ削るのはもっと痛いよ!」これも最近は割と聞いてくれます。


鬼や雷さまは即効性があるので、ついつい多用してしまいますが、
やりすぎると子供が慣れてしまって怖がらなくなるので注意が必要です。

うちは最近もっぱらパペットですね。
私の言うことは聞かないのに、Sじろうの言うことは聞きます(涙)

だんだんと6番を増やしていって、どうしてなのかということを理解してもらえれば
と思っています。

憧れの4歳に向けて、これからどんな風に成長するのか楽しみでもあります。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。